記念講演会

2015年4月12日(日)、早稲田実業学校で「ペンシルロケット発射60周年記念講演会」が開催されました。会場となった小室哲哉記念ホールには大勢の方が来場され、ペンシルロケットの還暦を祝いました。

講演会では寺門和夫さんが総合司会を務め、井澤邦夫市長のご挨拶から始まり、松本洋平内閣府大臣政務官をはじめ、来賓より祝辞をいただきました。
「歴史の証言者からのメッセージ」では、1955年の発射実験に尽力された方々によるペンシルロケットや糸川英夫先生の当時のエピソードなどを、司会にJAXAの的川泰宣名誉教授、寺門和夫さん、パネリストにJAXAの秋葉鐐二郎名誉教授、垣見恒男さん、山本芳孝さんを迎え、たっぷりと伺うことができました。

記念講演会風景

「発射60周年記念セレモニー」はホールから正門前に場所を移し、「日本の宇宙開発発祥の地」顕彰碑の横で行いました。

顕彰碑

ペンシルロケットの打ち上げカウントダウンを模して白熱電球が次々に点灯。60年前の発射時刻と同じ15時5分、点火玉着火。点火装置のスイッチが押されるとポンッという音とともに拍手が湧きました。そのあと、4月12日生まれの方や松本零士さんの話を聞きました。

発射60周年記念セレモニー

記念講演「イプシロンロケットの挑戦」では、JAXA宇宙科学研究所の森田泰弘教授によるイプシロンロケットの開発や打ち上げに加え、子ども時代のお話など盛りだくさんな内容となりました。

振り返ってみると、学術目的ではじまった日本の宇宙開発をペンシルロケットは象徴しているように思えます。10年後の70周年記念も同じ思いでお祝いできることを願っています。

発射60周年記念セレモニー登壇者集合写真